目の下のクマ消す化粧品

*

隠してごまかす必要なし!目の下のクマをふっくらと若々しい印象にする化粧品

目の下のクマ化粧品をご紹介!【目の下のクマに悩んでいた時の私はこんな感じでした】

  • 寝不足じゃないのに目の下がいつも暗い
  • コンシーラーを厚塗りしても隠し切れない
  • 年齢と一緒に悪化して、実年齢よりも老けて見える
  • 原因に心当たりがないから対策が分からない

目の下のクマは一度できてしまうと綺麗に消すのが難しいですよね。私も仕事の疲れからか年齢からなのか25~6歳ぐらいから目の下のクマが気になり始めました。最初はコンシーラーで隠していたんですけど、そのうちムラができるほど厚塗りしないと隠せないようになり「コレはヤバい…」と思って急いで化粧品を探した記憶があります…

ネットで目の下のクマに関する情報を毎日のように検索して、効果があると言われる化粧品はあらかた試したような気がします。
おかげさまで今は自分に合ったアイクリームが見つかり、クマも気にならないぐらいに薄まって「顔色良くなったね」と言われるようにもなりましたよ(*^^*)

当サイトは目の下のクマに悩んでいた時に集めた知識と私の体験を元に、おすすめの目の下のクマ化粧品をランキング形式にし、現在悩んでいる方の手助けになるように作りました。そろそろ本格的なクマケアを考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

口コミで話題の目の下のクマ化粧品をランキング

目の下のクマ化粧品は以下のポイントを満たしたものを選ぶ

  • 目の下のクマに着目して作られたアイクリームを選ぶ(顔全体に使うような化粧品ではない)
  • コラーゲン・ヒアルロン酸のようなハリ・弾力を取り戻す成分が含まれている
  • 化粧品は肌に合わないものもあるので、全額返金保証がついたものを選ぶ


01位

アイキララ

★★★★★

困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。

02位

グラシュープラス

★★★★☆

小じわ・たるみも気になる50代・60代におすすめ
@cosmeでもアイケア部門1位を獲得し、テレビでも取り上げられた目の下のクマ化粧品。美白成分プラセンタエキスをはじめ、数種類の美容成分が50代・60代のシミ・くすみのケアをサポートしてくれます。

03位

キラリエ

★★★★☆

楽天レビューでも350件以上の人気アイクリーム!
目の下のクマ・くすみ・ほうれい線が気になる20代~40代の方から人気。保湿力が高く、日本製だから安心して使えるのポイント。1980円の格安お試し&全額返金保証もあり!

04位

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム

★★★☆☆

独自の浸透技術が角質の奥まで美容成分を届ける!
ビタミンCの10倍~100倍の美白効果があるハイドロキノンが目元を集中ケア!圧倒的な透明感を放つ、一点の濁りもない肌を目指します。365日間の全額返金保証があるのでお試し感覚で使うことができるのもポイント。

目の下のクマ化粧品を使った方がいい理由

化粧品にはいろいろな種類があります。
しかし、目の下のクマには専用のアイクリームを使う必要があります。

30代以上にできる目の下のクマ(なかなか治らないクマ)は肌のたるみやハリ不足が原因なので、そこに集中してエイジングケアしてあげることが大切になるわけです。
普通のエイジングケア化粧品よりも、ハリがあり、ふっくらとした明るい目元になるような成分が含まれているため、効率よくケアすることができます。

また、目の下のクマでは「マッサージ」が良くあげられますが、これは寝不足や疲れなどに有効で、どちらかというと休息で治るようなクマに有効です。
色で言えば「青っぽい」感じのクマならマッサージで治るのですが、黒っぽいクマや茶色っぽいクマなら、しっかりとアイクリームでケアする必要があるわけです。

クマの種類によって原因が違う!自分にあったケアが大切

目の下のクマには3つの種類があります。

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

青クマは寝不足や疲労によってできるタイプ。若い人がなりやすく、マッサージや十分な睡眠によって血行不良を改善してあげれば自然と治すことが可能です。

しかし、30代も過ぎてくると多くなるのは「茶クマ」「黒クマ」のタイプ。色素沈着によって黒ずみができてしまう「茶クマ」や、皮膚痩せ・たるみによってできる「黒クマ」は十分な睡眠やマッサージによって治るものではなく、地道なケアが必要となります。

よく「クマが綺麗に治る!マッサージ法」というものがありますが、残念ながらコレが効くのは青クマだけ。ただ、発想を変えれば、青クマならマッサージや十分な睡眠で治せますから、コンシーラーBBクリームで一時的に隠しておくのも一つの方法だと思います。

逆に茶クマと黒クマの場合は、隠しておくだけじゃどんどん悪化して最終的には隠すのも難しくなってきますから、早めのケアが大切です。私も昔は隠そうとしてましたけど、ある時からムラができるぐらい塗らないと隠せなくなってしまい、それから慌ててケアクリームを使い始めた経験があります…

茶クマを治すなら美白成分が含まれている化粧品を選ぶ

茶クマはメラニンの色素沈着が原因。紫外線や目のこすり過ぎ、肌のターンオーバーの低下など様々な原因で色素沈着が起きますが、いずれにしても美白成分で色素沈着を消してあげる必要があります。

色素沈着と言えば「シミ」が代表的ですが、茶クマも原理は全く同じなので美白成分を含んだ化粧品を使うことで治すことができます。

【代表的な美白成分】

  • ビタミンC
  • ハイドロキノン

ビタミンCにはメラニンの色素沈着を予防する効果があるので、美白成分には必ずと言っていいほど含まれています。食事から摂取すると身体中で使われてしまい、クマに使われる量はわずかになってしまうので、化粧品で直接つけてあげるのが効果的。

ハイドロキノンは医療機関でも使われる美白成分。美白効果はビタミンCの10倍~100倍と言われおり、「肌の漂白剤」なんて呼ばれ方もしています(笑)。ただ、効果が高いぶん、肌の弱い人が使うと赤みがでてしまうことがあるので取り扱いには注意が必要。

自分でハイドロキノン化粧品を海外輸入してしまうと、たいてい効果が強すぎて肌にダメージを受けることが多いです。なので、国内で化粧品メーカーが販売しているハイドロキノン化粧品がおすすめ。肌へのトラブルが少ないようにハイドロキノンの効果を抑えてくれているので、肌荒れ・赤みの心配なく使うことができます。

おすすめはビーグレンのQuSomeホワイトクリームビーグレンQuSomeホワイトクリームの詳細。ビーグレンはネットの口コミだけで人気になったメーカーで、特許も取得した浸透技術を使っているのが特徴。ハイドロキノン成分を肌の奥まで浸透させ、内側から色素沈着を改善してくれます。

ビーグレンQuSomeホワイトクリームの商品詳細はこちらビーグレンQuSomeホワイトクリームの詳細

黒クマを治すなら皮膚痩せ・たるみを解消させる

黒クマは「皮膚痩せ」や「たるみ」によって目元に影ができてしまっているのが原因です。なので、コラーゲンによって皮膚をふっくらさせ、ハリを出してあげることが大切です。

ただ、「皮膚痩せ」や「たるみ」に着目したアイクリームはまだまだ数が少ないので、今ならアイキララ アイキララの公式サイトへが一番おすすめです。初の皮膚痩せに着目して作られたアイクリームですから、効果が出るまでのスピード力に驚いている方も多いようです。

また、皮膚痩せやたるみは加齢とともに起きてしまうことなのである程度は仕方ありませんが、ヒアルロン酸・セラミドといった高保湿成分の化粧水で肌環境を整えてくことも大切です。特に今まであまり気にしてなかった20代の人は、コレを機にいろいろな化粧品・化粧水を試してみるのがいいかもしれませんね。

アイキララの商品詳細はこちら アイキララの公式サイトへ