目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマの原因

目の下のクマの原因

目の下のクマの原因としては「睡眠不足」が一番最初にイメージしがちですが、疲労やストレス、加齢による血行不良、皮膚痩せ、眼精疲労、ドライアイなど様々なことが原因になると言われています。
そのせいもあり、「なんでクマができているのか全然分からない・・・」という方も多くいます。

そもそも目の下にクマができる(黒くなる)のは皮膚が薄いからだと言われています。
通常、人の肌は約2mmですが、目の下は約0.5mmと4分の1の厚さしかありません

そのため、疲れやストレスなどで血行不良になると血液が黒ずんで目の下にクマができてしまうわけです。
血液を赤くする「ヘモグロビン」は酸素が含まれていると赤くなりますが、血行が悪くなり血液中の酸素が少なくなると黒ずんでしまいます。

30代以上の場合は”加齢”が原因のことが多い

上記が一般的なクマができる原因です。
しかし、上記でできるクマは簡単に言えば寝不足などでできる一時的なクマなので、しっかり睡眠・休息をとったり、マッサージをすることで治すことができます。

しかし、30代以上の場合は加齢による様々な症状が原因で目の下にクマができてしまうことが多いです。

【加齢による目の下にクマができる原因】

  • 皮膚痩せ
  • 血行不良
  • 小じわ
  • 乾燥

皮膚痩せとは?

特に多いのが「皮膚痩せ」
若いころには皮膚の内部にはコラーゲンがギッシリと詰められていますが、加齢とともに減少し、ふっくらとハリのある肌は失われてしまい、これを「皮膚痩せ」と言います。
もともと目の下は皮膚が薄いですから、ハリが失われてしまった場合にその影響が顕著にでてしまうわけです。

血行不良

さらに、女性の場合は冷え性の方も多いかと思いますが、血行が悪いとクマができてしまいます。
血流がいいと透明感のある肌なのですが、血行不良になると黒ずんでしまいますからね。

また、冬になると目の下のクマが気になるという女性が多くなりますが、これも血行不良が原因だと言えます。
マッサージをして血行を良くしたり、ホットアイマスクで対策をするのが一般的ですが、万が一治らない場合は皮膚痩せを疑うのがいいかもしれません。

小じわ・乾燥

加齢とともに新陳代謝が悪くなると、コラーゲンやヒアルロン酸の生産スピードが遅くなります。
コラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、肌のハリや保水力が失われ、乾燥や小じわが目立ってきます。

なので、小じわや乾燥が直接的な原因ではないにしても、クマと同時にできてしまうことは多いので、ヒアルロン酸やコラーゲンと言った美容成分でしっかりと保湿をする必要がわるわけです。

目の下のクマの対策

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララアイキララ公式サイトへ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。