目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマの対策

30代からの加齢とともに気になり始めた目の下のクマ対策

寝不足ではなく、加齢とともに気になりはじめた目の下のクマは原因が寝不足ではないため、別の対策を取る必要があります。

30代を超えてできる目の下のクマは「黒っぽかったり」「茶いっろぽい」のが特徴
青っぽいの目のクマなら寝不足が原因ですので、しっかりと休息をとることで解決することが多いです。

では、「黒っぽかったり」「茶いっろぽい」場合はどのような対策方法があるのでしょうか?

黒っぽい目の下のクマ対策

黒っぽいの目の下のクマは「たるみ」「コラーゲンの減少」が原因です。
どちらも加齢によってある程度は仕方がないのですが、しっかりとケアをしてあげる必要があります。

涙袋が大きい人ほど「たるみ」によって影ができてしまうため、目の下がクマっぽくなりやすいです。
血行不良などが原因ではないためマッサージなどでは治らず、エイジングケアでたるみをケアしてあげる必要があります。

また、コラーゲンの減少もたるみの原因に繋がります。
人の肌はコラーゲンがあることでハリのふっくらとした肌を保てるのですが、加齢とともにコラーゲンの生産スピードは低下しハリが失われ、たるんでしまうわけです。

なので、エイジングケアができる目の下のクマ化粧品を使うのがポイント
例えば、アイクリームのアイキララには、コラーゲンをサポートするビタミンC誘導体「MGA」が含まれており、根本的な改善を目指すことができます。

黒クマ解消!アイクリームランキング

茶いっろぽい目の下のクマ対策

茶いっろぽい目の下のクマは「シミ・くすみ」が原因です。
メラニン色素が沈着したり、血行不良によって肌の透明感が失われることによって、くすみになってしまいます。

また、加齢によってターンオーバーが低下し、古い角質層がたまってしまうこともくすみの原因になることがあります。

これらの対策としては、美白成分を含んだ美白化粧品を使うのがポイント
厚生労働省に認められている美白成分は「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「コウジ酸」などがあります。
なので、これらの成分が含まれた化粧品が効果が高いわけです。

茶クマ解消!美白美容液ランキング

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララアイキララ公式サイトへ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。