目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマ消す化粧品 > 目の下のクマの原因・対策 > 黒クマの原因と解消方法を詳しく解説
黒クマの原因と解消方法を詳しく解説

黒クマの原因と解消方法を詳しく解説

目の下にクマができると顔の印象が悪くなるので、なるべく早く解決したいですよね。クマには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」があり、それぞれ原因と対策方法が違います。

当ページでは、黒クマの原因と解消方法について詳しく解説していきます。

↓黒クマの写真↓
黒クマの写真
引用:聖心美容クリニック

黒クマができる原因は「老化」と「生まれつき」

黒クマの原因

  • 加齢による眼窩脂肪のたるみ
  • コラーゲン生成力の低下によるくぼみ・皮膚痩せ
  • 生まれつき目の下にくぼみがある

黒クマができる原因には『老化』『生まれつき』の2パターンがあります。「最近になってクマが気になり始めた」という場合は老化が原因である確率が高いですし、「昔からクマが酷い」「子供にクマができている」という場合は生まれつき黒クマができやすい確率が高いです。

老化によってできる皮膚のたるみや皮膚痩せが黒クマを作る

肌の老化によって「皮膚のたるみ」「皮膚痩せ」が起きます。「皮膚のたるみが目の下のクマにどう関係が?」と気になるところですが、皮膚がたるんでくることで眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪が飛び出してきます。

眼窩脂肪とは、目の下のにある脂肪のこと。通常は眼球を支える役割があるのですが、加齢によって筋肉が衰えてくると眼球の重さに耐えきれなくなり、どんどん前の方に押し出されていきます。この押し出された眼窩脂肪は屋根のような感じでクマの部分に影を作ってしまいます

涙袋が大きい人ほど眼窩脂肪のたるみによる黒クマができやすい傾向にあります。

また、肌の老化によってコラーゲン生成力が低下し皮膚が痩せてしまうのも黒クマの原因となります。

もともと人の肌の中にはコラーゲンやエラスチンといった成分が含まれており、赤ちゃんのようにふっくらとした肌を保ってくれています。しかし、年齢を重ねるごとにコラーゲンやエラスチンの数は減少し、ハリが失われて皮膚痩せの状態になってしまいます。

さらに、加齢によって肌内部の水分も失われていくのでコラーゲンの生成能力が落ち、より皮膚痩せのスピードは速くなっていきます。「コラーゲンの減少」と「コラーゲンの生成能力の低下」このダブルパンチによって、黒クマができてしまっているわけです。

生まれつき黒クマができやすい体質

人によっては生まれつき黒クマができやすいこともあります。顔つきは人によって違いますからね。小さいころからクマに悩んでいたり、悩む機会が多かった人は体質的に黒クマになりやすい人だと言えます。

解消方法は『老化』によってできる黒クマと同じですが、場合によっては美容整形クリニックへの相談もおすすめです。プロの意見を聞くことができますし、もともと皮膚が薄かったり黒クマができやすいのであれば、アイクリームなどのセルフケアだけでは解消が難しいこともあるかもしれませんしね。

初回カウンセリングは無料なクリニックも最近では多いですから、気になる方は一度最寄りのクリニックをチェックしてみましょう。

黒クマの解消方法

マッサージは絶対にダメ

黒クマの解消方法を説明する前に「コレだけは絶対にダメ!」という解消方法をご紹介しておきます。

クマの解消方法では『マッサージ』や『ツボ押し』などがおすすめされていますが、目の下の皮膚に刺激を与えると茶クマを作る原因になってしまいます。刺激を耐えることでメラニンの色素沈着が起き、その結果茶クマになってしまうわけです。

たしかに、黒クマは皮膚のたるみによって発生している場合もあるので、顔の筋肉を鍛えることで改善することも可能です。しかし、手を使わずに行う運動ならまだしも、手でゴシゴシと動かしてしまっては、せっかく黒クマが治っても次は茶クマができてしまうだけで、あまり意味がありません。

目の下の皮膚は他の部分よりも薄く、ダメージを受けやすいです。なるべく刺激の少ない方法でケアしていきましょう。

解消方法1.美容成分を含んだアイクリームを使う

黒クマの解消方法は『美容成分を含んだアイクリームを使う』『美容整形で治療をする』の2種類があります。自宅でも簡単に試せるのが『美容成分を含んだアイクリームを使う』という方法。

加齢によってハリのある肌が保てなくなっているので、美容成分でコラーゲンやヒアルロン酸を補ってあげることで、たるみやくぼみのない目元に改善していくことができます。「保湿やアンチエイジングを目元に集中して行う」といったイメージですね。

美容成分も保湿やアンチエイジングで定番のものが有効です。

【黒クマに有効な美容成分】

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • リチノール(ビタミンAの一種)
  • ビタミンC誘導体

上記の美容成分を含んでいるアイクリームであれば黒クマの解消に役立ってくれるので、選ぶときのポイントとしてチェックしてみましょう。

黒クマに効くアイクリーム
黒クマに効くおすすめのアイクリームをご紹介します。黒クマは「加齢によって目の周りの筋肉がゆるむ」「たるみによって脂肪が飛び出てくる」「皮膚痩せによってくぼみ...

解消方法2.美容整形で治療をする

黒クマは美容整形クリニックで治療することもできます。

【美容整形での治療方法】

  • ヒアルロン酸注入
  • 血小板注入
  • 目の下の脂肪取り

「ヒアルロン酸・血小板注入」は皮膚痩せやくぼみを解消するために、「目の下の脂肪取り」は余分な眼窩脂肪を取り除くことで影を作らないために行われます。

一番定番な治療方法「ヒアルロン酸注入」であり、入院などは必要なく手軽に治療できることが人気の理由。術後に包帯なども必要ないので、治療を受けたその日から普通に出歩くことができます。ヒアルロン酸を取り除いてやり直しができるのも魅力ですね。

ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、一定の期間(数か月おき)で治療を繰り返さなければいけないデメリットもあります。

そこで、最近では3年近く治療しなくていい「血小板注入」などを取り入れているクリニックなんかもあります。

アイクリームを使ったセルフケアよりも費用はかかりますが「医者の意見を聞ける」「確実な治療方法を提示してくれる」「治るまでの期間が早い」というメリットもありますので、「アイクリームを試してたけどイマイチ…」という場合は一度カウンセリングに行くのもおすすめですよ。

東京で目の下のクマを消せる美容外科
美容外科で目の下のクマを消す治療をしてもらえれば、専門の先生が治療してくれることもあって的確に治すことができますよね。特に茶クマや黒クマなど、一時的ではない...

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララアイキララ公式サイトへ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。