目の下のクマ消す化粧品
対策順序・実践順序

目の下のクマができた時の対策順序・実践順序

目の下のクマができた時の対策としては、大きく3つに分けることができます。

  1. コンシーラーで隠す
  2. アイクリームや睡眠、マッサージ、サプリなどで、自分で治す
  3. 美容外科で手術してもらう

軽いクマなら「1」の方法でもOKですが、色が濃くなってしまったクマの場合は「2」や「3」の方法でないと消すことができません。
特に美容外科を使わなければいけない場合は、自力では治せない状態ですので、クマが気になり始めたらなるべく早く対策するようにしましょう。

対策の実践順序は1→2→3で、自分のクマに合ったケアをしましょう。

コンシーラーで隠す

症状が一時的である青クマの場合に有効なのがコンシーラーで隠す方法。
特に難しいことはなく、オレンジやアイボリーのコンシーラーを使ってクマを目立たなようにするだけで、簡単に取り組むことができます。

さらに、青クマは睡眠不足やスマホ・パソコンの長時間使用による眼精疲労、受験勉強などで長時間目を使用したときに出るだけで、しっかりと休息を取ったり、ホットアイマスクを使用すれば自然と消えてなくなります。
青クマは血行不良が原因なので、休息や温めて血行を良くするだけで治ってしまうわけですね。

また、「冬になるとクマが出る・・・」という女性も多いですが、これも冷えによる血行不良が原因なので、温めたり、顔の筋肉を動かして血行を良くすることで薄くすることが可能です。

目の下のクマを隠すのにおすすめのコンシーラー

アイクリームや美白化粧品で治す

しかし、コンシーラーで隠せるのは青クマだけ。
青クマよりも症状が重い「茶クマ」「黒クマ」の場合は、アイクリームや美白化粧品を使った対策を取る必要があります。

  • 茶クマ・・・美白化粧品
  • 黒クマ・・・アイクリーム

茶クマと黒クマはそれぞれできている原因が違うので、使う化粧品も変わってきます。
詳しくは「」に記載していますが、簡単に説明すると、茶クマはシミと同じく色素沈着によってできており、黒クマは加齢による皮膚痩せやたるみによってできています。

そのため、茶クマにはメラニン色素を予防する美白化粧品を使い、黒クマにはヒアルロン酸などでハリのある目元をサポートするアイクリームを使用する必要があるわけです。

おすすめアイクリームランキング

美容外科で手術してもらう

生まれつき目の下のくぼみが痩せていたり、シワやたるみ・ふくらみで黒い影ができてしまっている場合は美容外科で手術してもらうのも一つの方法です。
価格は自分でケアするよりも高くなってしまいますが、

最近では切らずにレーザーで施術する美容外科も多く、痛みも比較的少なくなっているようです。

効果や費用、手術の成功率などは美容外科によって大きく変わってくるので、口コミなどで下調べをした、実際に無料カウンセリングを受けて信頼できるかをチェックするのがいいでしょう。
いずれにしても費用もかかるので、まずは自分でできることから実践するのがおすすめです。

目の下のクマ化粧品【目もとを明るくするおすすめランキング】

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララアイキララ公式サイトへ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。