目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマ消す化粧品 > 目の下のクマの原因・対策 > たくさん寝てもクマが消えない理由と対策
たくさん寝たのに目の下のクマが消えない理由

たくさん寝てもクマが消えない理由と対策

目の下のクマが気になり、たくさん寝ているのに目の下のクマが消えない・・・ということありませんか?
特に10代や20代の方に多いのですが、実はちゃんとした理由があります。

まず、目の下のクマと言っても「青っぽいクマ」「黒っぽいクマ」「茶色っぽいクマ」の3種類に分けることができ、原因も違うのでそれぞれのクマに合ったケアをする必要があります。

たくさん寝て治るクマは「青っぽいクマ(青クマ)」なので、十分な睡眠で治らない場合は「黒っぽいクマ(黒クマ)」「茶色っぽいクマ(茶クマ)」の可能性が高いです。

目の下のクマの見分け方
青っぽいクマ コンシーラーで隠せる
目の下の皮膚をそっと引っ張ると、多少目立たなくなる
黒っぽいクマ コンシーラーでカバーできない
鏡を持って顔を天井の方へ向けると目立たなくなる
茶色っぽいクマ コンシーラーで隠せる
目の下の皮膚を引っ張っても、上を向いても変わらない

もっと目の下のクマの種類と見分ける方法を詳しく知りたい方はこちら

青クマが寝るだけで綺麗になくなる理由

青クマは寝不足や疲労、ストレス、眼精疲労などが原因で血行不良になってしまうことが原因でできてしまいます。
血液中のヘモグロビンは酸素をたくさん含むことで赤くなるのですが、血行不良になると血液中の酸素が少なくなり、酸素が不足したヘモグロビンは黒くなる性質があります。

そして、目の下の皮膚は普通の皮膚の3分の1の厚さしかないため、血液が黒くなったときに”より青っぽく”見えてしまうわけです。

なので、十分な睡眠をとったり、マッサージをしてあげるだけでも血液の流れが良くなり、目の下からクマがすっきりとなくなってしまうわけです。

黒っぽいクマならアイクリーム、茶色っぽいクマなら美白化粧品を使う

黒クマの場合

黒クマができる原因は、皮膚痩せやたるみが原因です。
加齢とともに肌のコラーゲン生成スピードが遅くなり、ハリのない肌になってきた、たるみがある、シワができていると言った場合には、黒クマである確率が高いです。

目の下の皮膚は薄いため、皮膚が痩せると血管が透けて見え、慢性的にクマができてしまいます。
青クマは、疲労による血行不良で血液が黒ずんでしまうのが透けて見えてしまうのが原因のため、睡眠やマッサージでケアできますが、黒クマの場合は疲れによる血行不良は関係ないため十分な睡眠でも治らないわけですね。

また、たるみは影を作ってしまうため、それが黒クマになってしまいます。
こちらも血行不良などは関係ないため、たるみを無くし、ハリのある目元にすることが大切です。

目のクマ化粧品としては美容成分を含んだアイクリームが効果的ですし、美容外科で施術してもらうのも一つのケア方法です。
「美容外科は手術が怖い」「失敗が怖い」「お金がそんなにない」「そこまではちょっと・・・」という方も多くハードルが少し高いので、アイクリームからケアをして、それでも治らなければ美容外科を考えるとというのが一般的な流れです。

目の下のクマ化粧品【目もとを明るくするおすすめランキング】

茶クマの場合

茶クマの場合は「目のこすりすぎ」や「シミ」が原因です。
目の下をこすりすぎると色素沈着を起こして茶色っぽくなることが多く、10代や20代の方の場合はこの理由が多いです。
また、マスカラなどの化粧品を落としきれていない場合も茶クマの原因になってしまいます。

色素沈着やシミは美白化粧品でケアすることで、茶クマをケアすることができます。
シミを消すのと同じ感じでケアしてあげればいいわけですが、美白成分として認められているビタミンC誘導体を含んだ美白化粧品を選ぶのがポイントです。

最近の美白化粧品では必ずといっていいほど含まれているので心配はないですが、一応購入前に確認しておきましょう。

茶クマ解消!美白美容液ランキング

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララアイキララ公式サイトへ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。