目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマ消す化粧品 > 目の下のクマの原因・対策 > たくさん寝てもクマが消えない理由と対策
たくさん寝たのに目の下のクマが消えない理由

たくさん寝てもクマが消えない理由と対策

目の下のクマが気になり、たくさん寝ているのに目の下のクマが消えない・・・ということありませんか?特に10代や20代の方に多いのですが、実はちゃんとした理由があります。

目の下のクマにも種類がある

まず、目の下のクマと言っても「青っぽいクマ」「黒っぽいクマ」「茶色っぽいクマ」の3種類に分けることができ、原因も違うのでそれぞれのクマに合ったケアをする必要があります。

たくさん寝て治るクマは「青っぽいクマ(青クマ)」なので、十分な睡眠で治らない場合は「黒っぽいクマ(黒クマ)」「茶色っぽいクマ(茶クマ)」の可能性が高いです。

目の下のクマの見分け方
青っぽいクマ 目の下の皮膚をそっと引っ張ると、多少目立たなくなる
黒っぽいクマ 鏡を持って顔を天井の方へ向けると目立たなくなる
茶色っぽいクマ 目の下の皮膚を引っ張っても、上を向いても変わらない

関連記事:目の下のクマの種類3つと1分で簡単に見分ける方法

寝るだけで綺麗になくなるのは青クマだけ

「クマは寝ると治る」と言われていますが、正確には睡眠不足で解消できるのは青クマだけであり、茶クマと黒クマに関しては治すことができません。

青クマは寝不足や疲労、ストレス、眼精疲労などが原因で血行不良になってしまうことが原因でできてしまいます。血液中のヘモグロビンは酸素をたくさん含むことで赤くなるのですが、血行不良になると血液中の酸素が少なくなり、酸素が不足したヘモグロビンは黒くなる性質があります。

目の下の皮膚は普通の皮膚の3分の1の厚さしかないため、血液が黒くなったときに”より青っぽく”見えてしまい青クマとして現れます。

十分な睡眠をとったりマッサージをしてあげると血液の流れが良くなりヘモグロビンの色も正常の赤色に戻りますので、目の下からクマがすっきりとなくなってしまうわけですね。

しかし、茶クマや黒クマは血行不良ではなく色素沈着や皮膚のたるみ、生まれつきの顔の作りなどが原因でできてしまうため睡眠不足を解消するだけでは治りません。「たくさん寝てもクマが消えない・・・」という場合はどちらかのクマである確率が高いですので、別方面からのアプローチを試してみましょう。

黒っぽいクマならアイクリーム、茶色っぽいクマなら美白化粧品を使う

黒クマの場合

黒クマができる原因は、皮膚痩せたるみが原因です。加齢とともに肌のコラーゲン生成スピードが遅くなり「ハリのない肌になってきた」「たるみがある」「シワができている」という場合には黒クマである確率が高いです。

目の下の皮膚は薄いため、皮膚が痩せると血管が透けて見え、慢性的にクマができてしまいます。青クマは疲労による血行不良で血液が黒ずんでしまうのが透けて見えてしまうのが原因のため睡眠やマッサージでケアできますが、黒クマの場合は疲れによる血行不良は関係ないため十分な睡眠でも治りません。

また、皮膚のたるみはを作ってしまい黒クマになってしまいます。こちらも血行不良などは関係ないため、たるみを無くし、ハリのある目元にすることが大切です。

目のクマ化粧品としては美容成分を含んだアイクリームが効果的ですし、美容外科で施術してもらうのも一つのケア方法です。「美容外科は手術が怖い」「失敗が怖い」「お金がそんなにない」「そこまではちょっと・・・」という方も多くハードルが少し高いので、アイクリームからケアをして、それでも治らなければ美容外科を考えるとというのが一般的な流れです。

茶クマの場合

茶クマの場合は「目のこすりすぎ」「シミ・くすみ」が原因です。目の下をこすりすぎると色素沈着を起こして茶色っぽくなることが多く、10代や20代の方の場合はこの理由が多いです。

また、マスカラなどの化粧品を落としきれていない場合も色素沈着を引き起こして茶クマの原因になってしまいます。

くすみやシミは美白成分を含んだアイクリームや化粧水でケアすることで治ります。美白成分として認められているビタミンC誘導体ハイドロキノンを含んだ美白化粧品を選ぶのがポイントです。

美白化粧品として販売されているものであれば何かしらの美白成分が含まれているはずですが、一応購入前に確認しておきましょう。

生まれつきの場合は黒クマに分類されることが多い

クマが消えない人の中には生まれつきの顔立ちが原因の人もいます。特に目元がくぼんでいる場合は、その部分が影となって黒クマになってしまいます。治すのも難しいため、コンシーラーで上手に隠してあげるのが一番確実な方法だと言えます。

場合によっては美容整形でヒアルロン酸注入を行うのも一つの方法です。ヒアルロン酸注入を行えば目元にふくらみをもたせることができ、くぼみによる黒クマをケアすることができます。

メスを使わないため傷跡が残ってしまったり、包帯を巻くようなことは一切ありません。施術自体も1時間かからず、日帰りも可能ですので意外と手軽です。

クマが消えないの時に可能性のある病気と行くべき診療科

目の下のクマが内臓の病気から来ることも可能性としてはありえます(若い人であれば可能性は低いですが)。特に普段から疲労やストレスをため込むような生活を送っている場合は一度病院へ行って検査してみるのもおすすめです。

  • うつ病
  • 肝臓系、腎臓系の病気
  • 鉄欠乏性貧血
  • バセドウ病

うつ病

精神的に疲れてしまうとなってしまう「うつ病」。何となく「うつ病の人の目の下にはクマがある」とイメージできる人も多いのではないでしょうか。ストレスは血行不良を引き起こしますので青クマに似たクマができてしまいます。たくさん寝たとしてもストレスである原因が取り除けなければ解消されることはありません。

心当たりがある場合は精神科や精神神経科のどちらかに診療へ行き、医師に適切なアドバイスを貰いましょう。

肝臓系、腎臓系の病気

肝臓や腎臓が悪くなった場合も血液の循環が悪くなってしまうためクマができてしまうことがあります。過度な疲労やストレスはもちろん、アルコールの摂り過ぎや甘いものの食べ過ぎの人は可能性があります。消化器内科や腎臓内科に行き診療してもらいましょう。

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血は血液内の鉄分が不足する症状のこと。一般的に「貧血」といわれるものがコレにあたります。鉄分はヘモグロビンを作るために使われますので、不足すればクマの原因となってしまいます。また、貧血であれば血行自体も悪くなってしいまいますので、ダブルでクマを作る原因になります。

食事から摂る鉄分の量が不足して鉄欠乏性貧血になることがありますが、場合によっては胃がんや大腸がん、胃潰瘍からの出血なども考えられますので、すぐに亜鉛サプリなどで対策するのではなく一度病院で診療してもらったほうが、より確実に治療することができます。消化器科で診療してもえます。

バセドウ病

バセドウ病とは甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、甲状腺機能が亢進する病気のことです。男性よりも女性に多く、「疲れやすい」「汗をかきやすい」「動悸がする」「手足が震える」など様々な症状が出てきます。気になる場合は耳鼻科か代謝内分泌内科で診療してもらいましょう。

消えないクマをメイクで隠すならコンシーラーを使う

消えないクマを治すのではなくメイクで上手に隠してあげるのも一つの方法です。クマの種類に合わせてコンシーラーの色を使い分けるのが一番のポイント。青クマにはオレンジやピンク、茶クマにはイエローやベージュ、黒クマにはオークルやベージュのコンシーラーを使いましょう。

メイク方法などは上記の動画が参考になります。クマ隠しにおすすめのコンシーラーについては「目の下のクマを隠すのにおすすめのコンシーラー」でも紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。