目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマ消す化粧品 > 目の下のクマの原因・対策 > すっぴんでも分からないように目の下のクマを消す方法
すっぴんでも分からないように目の下のクマを消す方法

すっぴんでも分からないように目の下のクマを消す方法

10代の時はすっぴんでも綺麗な目の下だったのに、老化が原因で目の下にクマができてしまうこともあります。
疲れによる一時的な青クマなら、しっかりと睡眠をとることで自然と治っていきますが、老化による黒クマ茶クマなら自分からケアをしなければ治すことはできません。

■黒クマ
黒クマは老化による皮膚のたるみや、コラーゲン不足によって皮膚の厚みがなくなってしまっているのが原因。
美容成分(ヒアルロン酸やコラーゲン)入りのアイクリームで集中的にケアしたり、美容外科でクマを取る手術する方法があります。

費用はかかりますが、効果を感じるまでのスピードが早いのは美容外科
自分でケアをしたい場合は黒クマに効くアイクリームという選択がおすすめです。

■茶クマ
茶クマは色素沈着が原因です。
例えば、毎日の化粧の残りや必要以上に目をこすってしまう癖がある人に多いです。

治す方法としてはシミを消すのと同じ要領で美白化粧品色素沈着を解消してくれるアイクリームを使う必要があります。
特に美白効果が認められているビタミンC誘導体を含んだ美白化粧品なら高い効果を感じることが可能です。

メガネをかける

似合う似合わないがありますが、100%のすっぴんでクマを隠すならメガネをかける方法以外ないと思います。ちょうどメガネのふちの部分でクマが隠れるようにすると、意外と他人からは見られませんよ。

メガネ

メガネのタイプは枠が大きいセルフレームがいいですね。「いろいろ調べて試してみたけどクマが治らない」「とりあえず今だけクマを隠しておきたい」という場合に試してみてください。夏であれば、同じ要領でサングラスをかけてみるのもありです。

スキンケアに時間をかける

根本的な解決をするためには上記で紹介したアイクリームや美白化粧品などを使うのがおすすめですが、「お金をかけたくない」という場合は朝と夜に目の周りをリンパマッサージするのもおすすめです。

朝は特に肌が乾燥していますので、アイクリームを塗ってしっかりと保湿しておきましょう。

ベース作りにこだわってすっぴんっぽく見せる

下地→コンシーラー→パウダーのベース作りをこだわってみるのも一つの方法。完全なすっぴんとは言えませんが、他人から見ると「すっぴんなのに肌がきれいだね!」と褒められるようになります。

自分では「ひどいクマだな~」と思っていても他人から見ると意外とそうでもないこともありますから、コンシーラーも塗り過ぎる必要はありません。逆にぼてっとしたり、肌の境目が目立ってしまいます。

目元はよれやすいためスティックタイプのコンシーラーをを選びましょう。指先に少しとってぽんぽんと軽く馴染ませるようにすると、すっぴんに近い自然な感じにできます。

色はイエローとピンク。目の下のクマの種類によって使い分けていきましょう。

  • 茶クマ:イエローやベージュ
  • 黒クマ:オークルやベージュ
  • 青クマ:オレンジやピンク

おすすめのコンシーラーに関しては「目の下のクマを隠すのにおすすめのコンシーラー」にも記載していますので、よければ参考にしてみてください。

一番確実に消すなら美容外科

人によってクマの濃さも違うので、アイクリームなどで綺麗に治る方もいれば、美容外科で治療しなければきれいに治らない方もいます。
特にすっぴんの状態でも綺麗にクマを消すなら、根本的な解決が必要となってくるので、美容外科が一番高い効果を感じることができるかと思います。

費用や施術方法、痛みなどで気になる部分も多いかと思いますが、最近では無料カウンセリングやメール・電話での無料相談を用意している美容外科も多いので、お金を払うことなく気になる疑問を聞くことができます。

01位

東京美容外科

★★★★☆

・美容先進国韓国の容外科における第一人者に選ばれた実績あり
・東京をはじめ全国に支店あり
・痛みのない施術で日帰り施術も可能!
・電話やメールで気軽にお悩み相談もできる!

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。