目の下のクマ消す化粧品
目の下のクマ消す化粧品 > 目の下のクマの原因・対策 > 冬だけ目の下のクマができる女性は8割越え!治す方法は?
冬だけ目の下のクマができる女性は8割越え!治す方法は?

冬だけ目の下のクマができる女性は8割越え!治す方法は?

夏には目の下にクマができないので、冬になるとできてしまうということありませんか?
「夏にクマが気になる」という女性が2割なのに対し、冬になると8割以上の女性がクマが気になると答えたというアンケートもあるように、冬になるとクマに悩む女性が多いです。

冬になるとクマができる理由は「乾燥」「冷え(特に冷え性)」の2つです。

肌が乾燥すると角質層が固くなり、ターンオーバーが乱れがち。
すると、古い角質が溜まってしまい、やがて茶色っぽいクマを作ってしまいます。

また、冷えで血行不良になると血液中の酸素が少なくなり、ヘモグロビンが黒っぽくなってしまいます。
目の下の皮膚は薄いため、黒い血管が透けて見え、それがクマに見えてしまうわけです。
特に冷え性の方に多いと言われています。

冬の目の下のクマは保湿と血行促進で解決!

「乾燥」と「冷え」が原因なので、「保湿」「血行促進」を心がけることクマをで薄くすることができます。

保湿は化粧水・保湿クリーム・乳液・美容液で常に潤うように。
「学生で化粧水を買うお金しかない・・・」という場合は、コットンで化粧水でヒタヒタにしてあげると、効果的に潤わせてあげることができますよ。

血行促進はマッサージやホットアイマスクなどがあります。
特にホットアイマスクは目をこする必要がないのでおすすめ。
もしホットアイマスクが変えなくても、ホットタオルや入浴中に自分の手で目隠しして温めることもできるので、誰でも簡単に取り組めるかと思います。

力の入れすぎやこすり過ぎには注意!

保湿をするとき・血行促進でマッサージなどをするときは強くこすらないように注意しましょう。
目の下の皮膚はデリケートなので、強くこすり過ぎると茶色っぽく変色してしまい、茶クマに悪化してしまうことがあります。

実際に目をこするのが癖になっている方で、目の下に茶クマを作ってしまっている方はおおいですから、ケアの際は最新の注意を払いましょう。

化粧水や保湿クリームなどをつけるときは「優しくぽんぽんと」つけましょう。
間違っても指で押さえてゴシゴシしないように!

マッサージも肌から指が離れないように、どちらかというと「筋肉を動かしてあげる」ぐらいの力加減でほぐしましょう。

目の下のクマ化粧品【目もとを明るくするおすすめランキング】

人気アイクリーム特集

アイキララの詳細アイキララアイキララ公式サイトへ
困った目の下のクマを解消!クマ専用アイクリーム
クマの根本的な原因「皮膚痩せ」に着目して作られており、美容成分によって内側からハリのあるふっくらとした肌をサポート。 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」という口コミが広がったことで人気。全額返金保証もあるので気軽にお試しできるのも魅力。