アイキララの効果!なぜ目の下のクマやたるみに効くの?

目の下のクマ化粧品で人気のアイキララの効果について解説していきたいと思います。

アイキララは皮膚痩せに着目して作られているアイクリームであり、含まれている成分もコラーゲンやビタミンC誘導体など、肌のハリをアップしてくれるものが多いです。特にMGAと呼ばれるビタミンC誘導体の1種が特徴。

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすく改良した成分。ビタミンC自体に『コラーゲンの生成を促す』という効果がありますので、年齢によってたるんでくる肌をハリ上げて茶クマを解消したり、皮膚が痩せて影ができてしまう黒クマを解消したりしてくれます。

さらにMGAは上記の効果にプラスして、コラーゲンの持つ栄養素を肌内部にしっかりととどめる働きも同時にアップしてくれます。根本的にふっくらとして健康的な肌色の目元作りができるので、「自分のクマがなんなのかよくわからない」という人でも、比較的高確率でケアできてしまうのがアイキララの魅力でもありますね。

アイキララの効果が出るまでの期間は3ヶ月

「使い始めたらすぐに効果が出てほしい!」という気持ちも分かりますが、アイキララは医薬品ではありませんので、効果の即効性はありません。実際に私も気になって公式に問い合わせてみたのですが「即効性はありませんので、最低でも3ヶ月間は使い続けてください」という回答が返ってきました。

ネット上の口コミを見てみても「1ヶ月以上使って効果が出た」という方が多いですので、やはりそのぐらいの期間は必要だと考えておいた方がいいようですね。