黒クマを作る目の下のたるみの原因と改善方法とおすすめ化粧品

黒クマを作る目の下のたるみの原因と改善方法とおすすめ化粧品 目の下のクマの原因・対策

20代後半からでき始める黒っぽいクマは加齢による目のたるみが原因だと言われています。特に涙袋が大きい人ほど、たるんでしまったときにができやすく、その影が黒っぽいクマのように見えてしまうわけです。

なので、黒っぽいクマ(黒クマ)を治すにはマッサージや睡眠ではなく、アイクリームによる美容成分でのケアが必要です。

関連記事:黒クマ・茶クマって何?【クマの種類】

目の下のたるみを改善するおすすめ化粧品

アイエクストラセラム(アテニア)

アテニアアイクリームの詳細
40代からのクマにおすすめ
@cosmeのアイケア部門で2位の人気を誇るアイクリーム。「セイヨウキズタエキス」と「コメヌカ油」が皮膚全体のボリュームと弾力をアップ!さらに、「アロエエキス」と「シトルリン」が老廃物を排出し、くすみのない目元へアプローチ。今なら美容液や化粧水などのエイジング化粧品もセットでお試し可能!

【商品情報】
◇商品名:アイエクストラセラム
◇ブランド:Attenir(アテニア)
◇価格:4,791円(セット価格) ⇒ 3,291円
◇内容量:20g(1ヶ月~2ヶ月)
◇購入場所:公式通販
◇キャンペーン:初めての方限定割引!
◇公式サイト:http://www.attenir.co.jp/

グラシュープラス(ベルオー)

グラシュープラスの詳細
小じわ・たるみも気になる50代・60代におすすめ
@cosmeでもアイケア部門1位を獲得し、テレビでも取り上げられた目の下のたるみ化粧品。美白成分プラセンタエキスをはじめ、数種類の美容成分が40代・50代・60代のシワ・シミ・くすみのケアをサポートしてくれます。特にシワに関しては「抗シワ製品評価試験」を行い、「乾燥による小じわを目立たなくする」という効能が認めらています。

【商品情報】
◇商品名:グラシュープラス
◇ブランド:Belle Eau(ベルオー)
◇価格:9,334円 ⇒ 1,500円
◇内容量:20g(1ヶ月~2ヶ月)
◇購入場所:公式通販のみ
◇キャンペーン:先着300名限定!83%OFF
◇公式サイト:https://shop.belleeau.jp

アスタリフトホワイト(アスタリフト)

アスタリフトホワイト
独自のナノ成分で肌の奥までしっかり浸透!
美白有効成分「ビタミンC誘導体」と「アルブチン」を独自のナノ技術によって角層の奥まで届けるから効果が違う!さらに、CoQ10の約1000倍のハリ美容パワーを持つアスタキサンチン&3種類のコラーゲンが潤ったハリのある肌をサポートしてくれるから、パァっと明るい目元にしてくれますよ。初回たったの1,000円なのでお試し感覚でも使えます。

【商品情報】
◇商品名:アスタリフトホワイト
◇ブランド:アスタリフト
◇価格:4104円(税込)
◇内容量:150ml(1ヶ月~2ヶ月)
◇購入場所:公式通販のみ
◇キャンペーン:初回5日間お試しセットあり(\1,000)
◇公式サイト:https://shop-healthcare.fujifilm.jp

Cセラム(ビーグレン)

Cセラム(ビーグレン)
即効性のエイジングケアが期待できる
美容成分ビタミンCを高濃度で配合した美容液。心臓治療にも使われる独自の浸透技術で、ビタミンCを角質層の奥までしっかり届けます。皮脂バランスを整えながら肌の内側から透明感を引き出し、しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、シミ、くすみの悩みに応えます。

【商品情報】
◇商品名:ビーグレン
◇ブランド:b.glen(ビーグレン)
◇価格:4700円(税込)
◇内容量:15ml(1ヶ月~2ヶ月)
◇購入場所:公式通販のみ
◇キャンペーン:365日間全額返金保証あり
◇公式サイト:http://www.bglen.net/

加齢による原因

肌が潤ってハリがあるのはコラーゲンがしっかりと生成されているからですが、歳を取ってくるとコラーゲンの生成スピードは低下していきます。すると肌のハリが保てずに、だんだん垂れてきてしまいます。

また、目の下の筋肉が衰えてくるのもあります。特にスマホを長時間見る人は自然とまばたきの回数も少なくなり、目の周りの筋肉が衰えやすいと言われています。

眼窩脂肪(がんかしぼう)による原因

さらに、加齢による原因としては「眼窩脂肪(がんかしぼう)」も代表的です。老化が進むと眼球を支える靭帯が緩み、眼球が下にどんどん落ちてきます。

すると、目の下の脂肪である眼科脂肪が前につきだすように出てきて、目の下のたるみになってしまうわけです。「涙袋が前に突き出してくる」とイメージすれば分かりやすいかと思います。

眼科脂肪は痩せている人でも溜まってしまう人が多く、コラーゲンやヒアルロン酸でハリを取り戻すことが対策となります。

マッサージによる改善は茶クマを作ってしまうので注意!

たるみを治す方法としては、目の下のマッサージがあります。目の内側から外側へ、目の骨に沿って上下を指でリンパを流すようにマッサージする方法。リンパを流すとと同時に脂肪も流れていくので、目の下のたるみに効果的と言われています。

しかし、この方法ではこすったときに色素沈着が起きてしまい、茶クマを作ってしまう原因にもなります。せっかく黒クマが治ったのに茶クマができてしまっては意味がありません。

なので、アイクリームのように目の下に刺激を与えないケアの方法が大切です。アイクリームは年齢化粧品のように肌のたるみやシワを予防し、ハリのある若々しい肌へサポートする目元専用の化粧品なので、ヒアルロン酸やセラミドも豊富に含んでいます。

目元の肌の構造(眼科脂肪など)に着目して作られているので、顔全体をケアする化粧品よりかも効果が期待できます。

茶クマはシミと同じように一度できたらしつこく、治るのにも時間がかかってしまうので注意しましょう。